<   2010年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

笑うと歯ぐきが見える

25歳の女子。 笑うと、歯ぐきが見えすぎます。前から、写真では他の人と違うことに気がついていました。歯ぐきが見えすぎるため、写真を撮られるのがきらいです。


私の患者様の一例をお目にかけましょう。 治療前後で、スマイルラインが変化したのがわかります。 スマイルラインとは文字どおり、笑った時の上下の唇の位置のことをいいます。この患者様の場合、上下顎骨前突の矯正歯科治療をしたところ、このようにスマイルラインも改善いたしました。治療に要した期間は約2年、その間の通院は4~6週間に一度です。ただ、極端に上顎骨が上下的に長すぎる症例では、場合により外科的な方法を併用することもあります。このような場合でも咬み合わせに充分配慮した治療方針の元に治療を進めていくことが大切です。このように外科的手段を併用する場合には、矯正歯科治療、手術とも、健康保険の対象となります。なお、いずれの方法においても、現在では治療を開始するのに、年齢は問題になりません。

大阪府 大阪市 中央区 心斎橋 南船場 矯正 歯列矯正 認定医 :
笑うと歯ぐきが見える よしかわ矯正歯科クリニック

by YOC2006 | 2010-07-01 12:56 | 矯正事例(治療・ご相談)