カテゴリ:矯正事例(治療・ご相談)( 14 )

かみ合わせ

29歳女性です。かみ合わせが悪く、噛んだときも前歯はあいてい奥歯しか当たりません。また、最近肩こりもひどいのですが、かみ合わせが原因でしょうか?どうすればよいのでしょうか?


開咬とよばれる状態ですね。 この患者様の場合、上下28本の歯のうち、左右の奥歯、8本のみが、咬みあっている状態です。これでは、うまくものは噛めませんし、噛んでいる歯の負担もものすごく大きい状態です。例えば、社員28人の会社で、まともに働いているのが、8人だけだったら、その会社はいつまで持つでしょうか? 笑い話ではすまされませんね。ぜひとも、遊んでいる他の社員(歯)にも、仕事(噛むこと)に、参加していただく必要がありますね。このような状態でも、矯正歯科治療によって、咬み合わせはすごく良くなります。 
写真は、このようにして治療した、20歳の男性の治療前と治療後の写真です。ものすごく良くなっているのが、分かっていただけるでしょう。全体の治療は2年月。また、通院間隔は1~1カ月半に一度でした。この患者様は、表から見えにくい、透明な装置をつけて治療をしました。
なお、歯が原因の肩こりは歯並びを治すと軽減します。

大阪府 大阪市 中央区 心斎橋 南船場 矯正 歯列矯正 認定医 :
かみ合わせ よしかわ矯正歯科クリニック

by YOC2006 | 2009-10-01 12:15 | 矯正事例(治療・ご相談)

飛び出た八重歯

23歳女性です。飛び出た八重歯が気になります。笑うと唇が引っかかりじゃまになるので、歯科医院に相談にいったのですが、大事な歯だから抜かない方がよい、と言われました。どうすればよいのでしょうか? 今からでも、矯正で治りますか?


お手紙だけでは、抜かない方がよいと言われた先生の真意は明らかではありませんが、おそらく矯正の説明はあったと思われます。現在では、八重歯の治療方法は確立されており、専門の先生にかかれば、まず心配はありません。信頼できる先生を見つけ、相談されることが大切です。基本的には、その先生も言われたとおり、大事な歯だから抜かない方がよいと思われます。しかし、すきまが不足した場合、犬歯の後ろの小臼歯と呼ばれる歯を抜くこともあります。また、現在では、大人の矯正歯科治療もまったく問題はありません。
写真は、このように、小臼歯を上下左右1本ずつ、計4本抜歯して治療した、18歳の女子の治療前と治療後の写真です。ものすごく良くなっているのが、分かっていただけるでしょう。全体の治療は2年3カ月。また、通院間隔は1~1カ月半に一度でした。このかたは、表から見えにくい、透明な装置をつけて治療をしました。

大阪府 大阪市 中央区 心斎橋 南船場 矯正 歯列矯正 認定医 :
飛び出た八重歯 よしかわ矯正歯科クリニック

by YOC2006 | 2009-09-01 12:50 | 矯正事例(治療・ご相談)

すきっ歯について

25歳 女子のすきっ歯について。歯並びはきれいなのですが、上の前歯のまん中にすき間があります。しゃべる時、空気がもれるのが自分でもわかります。友だちは発音は気にならないと言ってくれるのですが、自分ではすごいコンプレックスの原因になっています。


この患者様の場合、他に大きな問題もないようですので、部分的な矯正でも対応可能と思われます。矯正装置を全部の歯につけるのではなく、上の前歯だけで、きれいに仕上げる方法です。写真は、28歳 男性の治療前と治療後の写真です。装置が入ってからの来院回数は6回、8ヵ月めの終了時の状態です。上の前歯のすき間は完全に閉鎖され、良くなっているのが分かります。この間の通院間隔は1~1カ月半に一度です。ご本人様は、コンプレックスがなくなり、ビジネスチャンスが広がったと感じられているそうです。部分矯正は装置も簡単で、期間や費用も大きくないため、この症例の方のように気軽に始め、楽しんでいる内に終わるというスタイルが可能です。もちろん、部分矯正の適応症例は限られており、正しい診断のもとに始めなければなりません。

大阪府 大阪市 中央区 心斎橋 南船場 矯正 歯列矯正 認定医 :
すきっ歯について よしかわ矯正歯科クリニック

by YOC2006 | 2009-08-01 13:49 | 矯正事例(治療・ご相談)

八重歯の治療

12歳小学6年生の女子の八重歯について。かかりつけの先生からも、治療を勧められていますが、本人よりも親が踏み切れません。本当に治るのでしょうか?(娘の母より)


お手紙だけでは、なぜ踏み切れないのか明らかではありません。おそらく最後の一言、本当に治るかどうか、が一番の心配事と思われます。現在では、八重歯の治療方法は確立されており、専門の先生にかかれば、まず心配はありません。信頼できる先生を見つけ、相談されることが大切です。ご本人様お母様が、納得してから治療を開始されればよいのです。少しくらいあわてることはありません。といって、あまり放置しておけば、ご本人様の受験やクラブ活動など、社会的な都合と重なり、治療機会を失ってしまいかねません。どこかで、踏み切ることも必要でしょう。ただし、ご本人様のやる気がもっとも大切であることは、申し上げるまでもありません。


大阪府 大阪市 中央区 心斎橋 南船場 矯正 歯列矯正 認定医 :
八重歯の治療 よしかわ矯正歯科クリニック

by YOC2006 | 2009-07-01 12:30 | 矯正事例(治療・ご相談)